Hitotsubashi Institute for Advanced Study

グローバル経済システムの新設計

急速なグローバル化に伴い世界経済システムの新たな設計が求められています。一橋大学が強みをもつ国際経済、開発経済、ファイナンス、イノベーション、国際政治、経済規範等の分野を専門とする研究者が社会科学高等研究院に結集し、経済システムの理論・実証分析を多面的に推進します。さらに研究成果を世界及び日本の持続的発展を実現するための政策提言に結び付けていきます。2018年にはHIASの下にグローバル経済研究センターを設立し、HIAS設立時から重点的に取り組んでいる以下の4つの研究プロジェクトを推進しています。

  • グローバル経済における経済政策
  • マクロ計量モデルの開発とマクロ経済の諸問題への応用
  • 途上国における持続的貧困削減に向けた制度と政策
  • 規範・制度・メカニズムデザイン―「社会科学の総合」の理論と実証―

詳細はこちらへ
http://hias.hit-u.ac.jp/glecs

医療経済の高度研究

人口の超高齢化に伴い、医療費の増加が続く中、医療資源の効率化や持続可能な医療制度の構築が喫緊の課題となっています。限られた医療資源を本当に医療や介護を必要とする人に充当するためには、無駄を省き、どの地域の、どの診療科の、どの医療行為に重点的に資源を配分するかとういう最適化の検証が必要です。「医療政策・経済研究センター」では、経済学、会計学、経営学や財政学など様々な社会科学の手法と知見を活用し、医療政策・経済研究の高度化を図ります。

詳細はこちらへ
http://health-economics.hias.hit-u.ac.jp/