Hitotsubashi Institute for Advanced Study

一橋大学社会科学高等研究院(HIAS)は、学長直轄の研究科を横断する組織として2014年の設立以降、付属する8つの研究センターを中核にした国内外の研究機関を繋ぐネットワークの拠点として、学問分野を横断した様々なプロジェクトに取り組み、多くの研究成果を上げてきました。これらの実績をもとに、HIASは、日本の社会科学分野を牽引する研究組織として、その国際競争力強化に貢献していくため、国際的に優秀な人材が集まる学術コミュニティの充実をはかることを目的とし、新たに国際人材獲得プログラム(HIAS BRIDGES)を立ち上げました。本公募はそのプログラムの一環として、経済・ビジネス分野において、優秀な若手研究者を10人程度募集するものです。

就業場所:国立大学法人一橋大学 国立キャンパス
社会科学高等研究院
東京都国立市中2-1(JR中央線国立駅南口より徒歩約10分)
職  名:特任助教・特任講師(契約教員)
募集人数:10人程度
給  与:年収 5,000,000円程度
雇用期間:2023年7月1日~2028年6月30日までとする。
契約の更新はしない。(採用日は応相談・雇用期間は、雇用開始日から5年間とする)
応募締切:2022年11月30日(水)23時59分
書類審査:2022年12月23日(金)までに書類審査の結果をご連絡します。

業務内容・必要書類・応募方法等は以下を参照のこと。分野毎に必要書類や応募方法が異なるため、注意すること。

経済


業務内容:
1:経済学またはそれに関係する領域の研究に従事する。
2:本研究院、経済学研究科、経済研究所で行われる研究活動に、セミナーや共同研究への積極的な参加などを通じて貢献する。
※授業等の教育負担はありません。しかし、希望する場合には、要相談。

必要な能力、経験、資格等:
1:応募時点において、博士またはPh.D.の学位取得している者、または取得見込みの者。
  ただし、後者の場合、採用日以降3ヶ月以内に博士またはPh.D.の学位を取得すること。
  博士またはPh.D.の学位取得が採用日以降3か月以内に確認出来ない場合には、雇用期間は1年間とする。
2:英語または日本語による業務遂行が可能であること。

その他の研究環境:
1:研究室は共有。ただし、個人用のデスク・スペースあり。
2:大学からの研究費の配分なし。学内助成金への応募可。
3:外部資金獲得のための支援あり。

選考方法:
 書類選考及び面接による。面接は書類選考合格者を対象とする。
 面接はすべてオンラインで行う予定である。

応募書類:
1:カバーレター
2:職務経歴書(curriculum vitae)
3:申請書(指定様式)
4:主要論文 2本
5:学術評価者(指導教員、またはそれに準じる者)の所属・名前・連絡先(2人分)。
  連絡先はオンライン申込フォームを使用し、提出すること。
  一橋大学社会科学高等研究院から、評価者に、学術評価書の送付を直接依頼するので、あらかじめ、評価者に評価書の作成依頼をしておくこと。
  なお、博士学位取得見込みの者は博士論文の進捗状況を記載する旨を伝えること。
  ※学術評価書の提出方法について
   一橋大学社会科学高等研究院企画室から評価者に所定のURLを送付するので、そちらから提出すること。
   申請者から、学術評価書を直接送付された場合は受理しないので、注意すること。
  なお、博士号取得見込者には、これらの書類に加えて、最終内定後、採用日までの博士号取得見込みに関する文書を指導教員名義で作成し、提出するように依頼する予定。

面接予定日:
 面接は2023年1月2日~1月18日の間に実施します。
 詳細な日時は書類審査通知時にお知らせします。
 ※面接は日本語または英語で実施いたします。
 ※原則として、面接選考は8時30分〜17時15分(日本時間)の時間帯で実施いたします。

応募方法:
 次のURLから応募書類を提出してください。
 なお、同時に公募されている常勤講師/常勤助教(任期付)と併願することは可能です。
 詳しくは、URLをクリックし、表示されたウェブサイトの指示に従ってください。
 受領確認メールが届かなった場合には、hias-info@ad.hit-u.ac.jpまでご連絡ください。
 経  済: https://hrs.ad.hit-u.ac.jp/v33/entries/add/534

ビジネス


業務内容:
1:ビジネスに関係する領域(経営学、マーケティング、会計学、ファイナンス及び統計学を含む)の研究に従事する。
2:本研究院、経営管理研究科で行われる研究活動に、セミナーや共同研究への積極的な参加などを通じて貢献する。
※授業等の教育負担はありません。しかし、希望する場合には、要相談。

必要な能力、経験、資格等:
1:応募時点において、博士またはPh.D.の学位取得している者、または取得見込みの者。
  ただし、後者の場合、採用日以降3ヶ月以内に博士またはPh.D.の学位を取得すること。
  博士またはPh.D.の学位取得が採用日以降3か月以内に確認出来ない場合には、雇用期間は1年間とする。
2:英語または日本語による業務遂行が可能であること。

その他の研究環境:
1:研究室は共有。ただし、個人用のデスク・スペースあり。
2:大学からの研究費の配分なし。学内助成金への応募可。
3:外部資金獲得のための支援あり。

選考方法:
 書類選考及び面接による。面接は書類選考合格者を対象とする。
 面接はすべてオンラインで行う予定である。

応募書類:
1:カバーレター
2:職務経歴書(curriculum vitae)
3:申請書(指定様式)
4:主要論文 2本
5:学術評価者(指導教員、またはそれに準じる者)の所属・名前・連絡先(2人分)。
  連絡先はオンライン申込フォームを使用し、提出すること。
  一橋大学社会科学高等研究院から、評価者に、学術評価書の送付を直接依頼するので、あらかじめ、評価者に評価書の作成依頼をしておくこと。
  なお、博士学位取得見込みの者は博士論文の進捗状況を記載する旨を伝えること。
  ※学術評価書の提出方法について
   一橋大学社会科学高等研究院企画室から評価者に所定のURLを送付するので、そちらから提出すること。
   申請者から、学術評価書を直接送付された場合は受理しないので、注意すること。
  なお、博士号取得見込者には、これらの書類に加えて、最終内定後、採用日までの博士号取得見込みに関する文書を指導教員名義で作成し、提出するように依頼する予定。

面接予定日:
 面接は2023年1月4日~1月18日の間に実施します。
 詳細な日時は書類審査通知時にお知らせします。
 ※面接は日本語または英語で実施いたします。
 ※原則として、面接選考は8時30分〜17時15分(日本時間)の時間帯で実施いたします。

応募方法:
 次のURLから応募書類を提出してください。
 なお、同時に公募されている常勤講師/常勤助教(任期付)と併願することは可能です。
 詳しくは、URLをクリックし、表示されたウェブサイトの指示に従ってください。
 受領確認メールが届かなった場合には、hias-info@ad.hit-u.ac.jpまでご連絡ください。
 ビジネス: https://hrs.ad.hit-u.ac.jp/v33/entries/add/546

<その他の勤務条件>
手  当:本学所定の要件を満たす場合に通勤手当のみ支給する。(上限55,000円/月)
(本学給与規程の定めるところによる。)
勤務時間及び勤務日:専門業務型裁量労働制を適用(1日7時間45分/週38時間45分勤務したものとみなす。)
週5日(月~金曜日)勤務
休  暇:年次有給休暇:採用から6ヶ月経過後に付与
その他の有給休暇:リフレッシュ休暇(採用から3か月経過後に付与)、子の看護休暇、介護休暇、忌引き、産前産後休暇等
社会保険等:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険に加入
応募書類の返却等:応募書類は返却しません。採用に至らなかった方の応募書類は、選考終了後速やかに当方の責任にて適切に廃棄します。
担当者:〒186-8601 東京都国立市中2-1 国立大学法人一橋大学 社会科学高等研究院
Eメールアドレス: hias-info@ad.hit-u.ac.jp
※募集要項等に関する質問はEメールでのみ受け付けます。メールの件名には必ず「Inquiry regarding HIAS open position」と入れてください。
備考:
・一橋大学では、男女共同参画社会基本法(平成11年6月23日法律第78号)の精神に則り選考を行っています。
・応募書類により取得した個人情報は、採用者の選考及び採用後の人事・給与・福利厚生、健康管理、労務、衛生、入退職、学内システム及び施設の利用管理に関する業務、障害者雇用状況の報告並びに統計調査を行う目的で利用するものであり、この目的以外で利用又は第三者に提供することはありません。ただし、この目的遂行上必要な場合は、本学と機密保持契約を締結した外部機関に取扱いを委託する場合があります。
・大学構内は指定喫煙場所以外全面禁煙です。