Hitotsubashi Institute for Advanced Study

一橋大学は、社会科学の研究総合大学として、日本における社会科学諸分野の研究を常にリードしてきました。現代では、学術研究の国際化が急速に進むとともに、社会的重要課題の解決に向けた大学の貢献が社会から強く求められています。このような背景を踏まえ、本学は研究の一層の高度化と国際化を推進し、社会科学における世界水準の研究を実行するため、2014年に学長直轄の組織として「一橋大学社会科学高等研究院」(Hitotsubashi Institute for Advanced Study: 略称HIAS) を設立しました。

Read more

2015年より重点領域研究プロジェクトとして進めてきた「グローバル経済システムの新設計に関する研究」は,2018年,グローバル経済研究センター(GLECS)を設立し,活動を継続することになりました。GLECSに関する内容,例えば下記1から4の項目については,「GLECSへ移動」をクリックすることでご覧になれます.
1.GLECSでの研究活動
2.HIAS Fellow,HIAS Postdoctoral Fellow
3.Hitotsubashi Summer Institute,HIAS Seminar,HIAS Lunch Seminar
4.HIAS Discussion Paper Series などGLECSでの研究成果

一橋大学では,厳密な社会科学研究を通じて,我が国および海外の社会保障(医療・介護)分野における政策課題の解決に貢献することを目的に,2015年度に「医療政策・経済研究センター」(HIAS Health)を設置しました.「限られた医療資源」の効率的配分について,エビデンス(実態把握)とロジック(論理構築)に基づく政策意思決定(Evidence-based Policy Making)のための提言を行うことを目標として,以下の3つの事業を推進しています.
・医療経済の高度研究
・医療経済高度職業人の養成
・研究・教育ネットワークの構築

一橋大学では2015年度に医療経済の研究の高度化を目的として「医療政策・経済研究センター (HIAS Health)」を設置しました。センターでは、高度な研究分析を基にした政策提言や社会への発信、医療現場に精通しながらも社会科学の総合的専門教育を受けた人材の育成、さらにこれらの活動を通じた他大学・研究機関・医療機関との研究・教育ネットワークの構築を推進してまいります。

一橋大学では2015年度に医療経済の研究の高度化を目的として「医療政策・経済研究センター (HIAS Health)」を設置しました。センターでは、高度な研究分析を基にした政策提言や社会への発信、医療現場に精通しながらも社会科学の総合的専門教育を受けた人材の育成、さらにこれらの活動を通じた他大学・研究機関・医療機関との研究・教育ネットワークの構築を推進してまいります。

イベント情報

HiAS(社会科高等研究院)では、現在以下のイベントの開催を予定しています。