Hitotsubashi Institute for Advanced Study

1月16日(火) 2023年度 第7回 MIC-CAREM国際リサーチセミナー:Dr. Ferdinand A. Gul (University of Sunshine Coast)を開催します。

社会科学高等研究院 マネジメント・イノベーション研究センターと経営管理研究科マネジメント先端研究教育開発センター共催の2023年度第7回国際リサーチセミナーおよび第20回一橋会計研究会を下記の通り開催いたします。
Management Innovation Research Center (MIC), HiAS, and Center for Advanced Research and Education in Management (CAREM), HUB, will hold the 7th MIC-CAREM International Research Seminar 2023 as described below.

参加のお申込みは、こちらからご登録お願いいたします。
To register your participation, please register here.

————————————————————————————————
Title: “Research Opportunity for Risk Management Committees and Rebranding”

Speaker: Ferdinand A. Gul, Professor of Accounting and Finance, Discipline Lead, Accounting, Finance & Economics, School of Business and Creative Industries, University of Sunshine Coast, Australia

Date / Time: January 16 (Tue), 2024 / 16:30 ~ 18:00

Venue: Room # 3403 (Conference Room No.1), 4th Floor, Mercury Tower, Kunitachi East Campus, Hitotsubashi University
———————————————————————————————–

多くの皆様のご参加をお待ちしております。
We are looking forward to your participation.

ご不明な点は、メールにて h-carem [@] cm.hit-u.ac.jp までお問い合わせください。
If you have any questions, please contact CAREM by e-mail at h-carem [@] cm.hit-u.ac.jp.

  1. 3月11日(月)HSI2023-9th Hitotsubashi Summer Institute: Macroeconomic Policiesを開催します。

  2. 3月28日(木)令和5年度第9回HIAS セミナー2023:Dr. Randall Morck (University of Alberta)「Indexing and the Incorporation of Exogenous Information Shocks into Stock Prices」を開催します(対面開催)。

  3. 2月8日(木)・9日(金)国際セミナー「哲学と経済学の対話 ―― 社会評価における福祉の定式化と計測の個人間比較の真剣な検討」を開催します(ハイブリッド開催)。

  4. 2月5日(月)Hitotsubashi Workshop on Economic Measurement Group: Financeを開催します(対面開催)。

  5. 1月18日(木)Hitotsubashi Workshop on Economic Measurement Group: Property Marketを開催します(対面開催)。

  6. 3月25日(月)令和5年度第8回 HIAS セミナー 2023:Shaowei Ke (CEIBS)「Decision Making Under Multidimensional Risk」を開催します(対面開催)。

  7. 1月16日(火) 2023年度 第7回 MIC-CAREM国際リサーチセミナー:Dr. Ferdinand A. Gul (University of Sunshine Coast)を開催します。

  8. ディスカッションペーパー HIAS-E-136 “Non-obvious manipulability and efficiency in package assignment problems with money for agents with income effects and hard budget constraints” を発行しました。

  9. 『社会保険旬報』第2913号(12月21日号)に荒井耕教授(一橋大学大学院経営管理研究科)の論文「新型コロナ流行の公立病院への財務的影響に見る『医療経済実態調査』の妥当性―『地方公営企業年鑑』に基づく検証―」が掲載されました。

  10. 12月14日(木) IIRイノベーションフォーラムのお知らせ (オンライン)