Hitotsubashi Institute for Advanced Study

11月29日(水) 2023年度 第5回 MIC-CAREM国際リサーチセミナー / 第20回一橋会計研究会

社会科学高等研究院 マネジメント・イノベーション研究センターと経営管理研究科マネジメント先端研究教育開発センター共催の2023年度第5回国際リサーチセミナーおよび第20回一橋会計研究会を下記の通り開催いたします。

【Title】The capital market effects of environmental metrics: Evidence from Hong Kong’s mandate of environmental, social, and governance (ESG) reporting

【Speaker】Jerry W. Chen, Lecturer, Business School, Accounting and Finance, University of Auckland, New Zealand

【Date / Time】November 29 (Wed), 2023 / 13:00~ 14:30

【Venue】Room # 3403 (Conference Room 1), 4th Floor, Mercury Tower, Kunitachi East Campus, Hitotsubashi University

【Abstract】
This study investigates the capital market effects of environmental metrics that companies listed on the Stock Exchange of Hong Kong have been required to disclose since 2017.The regulatory mandate requires companies to report quantifiable environmental data either in their annual reports or in separate environmental, social, and governance (ESG) reports. This data includes information on air and greenhouse gas (GHG) emissions, hazardous and non-hazardous waste generation, energy consumption, water consumption, and packaging material usage. The results of the value relevance test reveal that investors price these environmental metrics differently upon their release. From an economic perspective, a one-unit reduction in non-hazardous waste generation, water consumption, and packaging material usage is associated with a share price increase ranging from $0.002 to $0.163. However, there is insufficient evidence to suggest that market pricing reflects air and GHG emissions, hazardous waste generation, and energy consumption. This research offers valuable insights for regulators and standard setters seeking to understand how capital market participants perceive the mandatory disclosure of environmental metrics.

参加のお申込みは、11月22日までに以下のURLからご登録お願いいたします。
https://forms.gle/pPLqWgAsGQj7yaPK8

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

ご不明な点は、メールにて<h-carem[@]cm.hit-u.ac.jp >までお問い合わせください。

 

 

  1. 7月13日(土)・14日(日) HSI2024-10th Hitotsubashi Summer Institute: Microeconomic Theoryを開催します。

  2. 6月13日(木) 第2回HIASランチセミナー2024:Sungwan Hong (Pennsylvania State University)「Green Industrial Policies and Energy Transition in the Globalized Economy」を開催します。

  3. 6月27日(木)第4回HIAS Brown Bag Seminar:Dr. Tetsuya Aoki(社会科学高等研究院特任講師)「Does AI Recommendation promote purchase behavior? The Sense of Objective Customization」(消費者はプラットフォームに従うー協調フィルタリングによるリコメンドが持つ客観的特注感ー)を開催します(対面開催)。

  4. 戦略国際問題研究所(CSIS)ウェブサイトにDavid U. Socol de la Osa講師(HIAS)の共著論文「Shaping Global AI Governance: Enhancements and Next Steps for the G7 Hiroshima AI Process」が掲載されました(2024年5月24日付)。

  5. 『BMJ誌』(2024年5月10日号)にMaria Lohan教授(HIAS客員研究員/クイーンズ大学ベルファスト看護・助産学部教授)の共著論文「Engaging men and boys in sexual and reproductive health and rights」が掲載されました。

  6. 6月19日(水) 第88回 HIASランチセミナー:Etienne Makdissi (Hitotsubashi University)「Effect of Legal Same-Sex Marriage in the United States With A Comprehensive Matching Model」を開催します。

  7. 『社会保険旬報』第2927号(5月11日号)に荒井耕教授(一橋大学大学院経営管理研究科)の論文「病院経営医療法人への新型コロナ流行による財務的影響の経年変化―第1-2波期から第3-5波期を経て第6-7波期の影響への変遷―」が掲載されました。

  8. 5月28日(火)第3回HIAS Brown Bag Seminar:Dr. Savu Rovanto(社会科学高等研究院講師)「Growth of the circular economy: A Paradox? Case studies of repair in Japan, China and Finland」を開催します(対面開催)。

  9. 『週刊社会保障』第3266号(4月29日号)に荒井耕教授(一橋大学大学院経営管理研究科)・古井健太郎講師(帝京大学経済学部)の共著論文「論壇 コロナ流行の診療所への影響にみる医療経済実態調査の妥当性」が掲載されました。

  10. 5月9日(木)第2回HIAS Brown Bag Seminar:Prof. D.S.Prasada Rao(社会科学高等研究院特任教授)「Contrasting Trajectories: The Political Economy of Growth in China and India」を開催します(対面開催)。